オリファは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】オリファが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

アンチエイジング オリファ

オリファは妊娠中・授乳中でも使える?添加物は大丈夫?

投稿日:

子供を授かるのはうれしいことばかりではありません。

食べるものだけでなく、スキンケアも赤ちゃんに影響がないものを選びたいものですよね。

しかし、実は妊娠中だけ気を付けていればよいというわけではないのです!

 

特に初産の場合は、出産の疲れやホルモンバランスの変化、そして初めての育児によるストレスなどが重なり、体調だけでなくお肌にもいろいろとトラブルが表れがち・・・。

そんな時に、水とセラビオというたった2つの成分からできたシンプルな美容液であるオリファ発酵美養液を使ってみたいとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、赤ちゃんや出産前後の母体に悪影響がないかは気になるところです。

そこで、今回は「オリファ発酵美養液は妊娠中・授乳中にも使える?添加物は?」というテーマで調査しました!

少しでも不安の解消につながればうれしいです。

 

オリファ発酵美養液は妊娠中・授乳中に使っても大丈夫?

最も気になるところですよね。

公式サイトを調べてみても、はっきりと

 

「妊娠中・授乳中にも使えます!」

 

との記載はありませんでした。

心配な方は、かかりつけの産婦人科医にご相談してから使用した方が良いでしょう。

 

オリファ発酵美養液の添加物は?

オリファ発酵美養液の魅力の1つに、8大フリーの無添加ということが挙げられます。

この8大フリーというのは、オイル、鉱物油、旧指定成分、界面活性剤、化学合成ポリマー、着色料、合成香料のことです。

どれもお肌に悪影響を及ぼすおそれのある成分です。

 

オリファ発酵美養液は原料選びの段階から非常に高い安全性にこだわったスキンケアアイテムです。

徹底した品質管理のもと生産されている、こだわりぬいた美容液ですので、お肌に悪影響を及ぼすおそれのある成分を一切使っていないのもうなづけます。

 

個包装で防腐剤フリーを実現

オリファ発酵美養液は、防腐剤フリーでもあります。

防腐剤はお肌に刺激を与える成分が多く、あまり積極的に使いたいものでもありませんよね。

オリファ発酵美養液はセラビオと水のみで作られた美容液ですので、防腐剤が入っていないと劣化が早いのでは?と心配される方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、ご安心ください。

オリファ発酵美養液は酸化や雑菌の繁殖をおさえ、常に新鮮で高品質な美容液をお肌に与えられるよう、医薬品にも使われている無菌充填技術で詰めた1回使い切りタイプ(2ml)となっています。

これなら、お肌が敏感な方や乾燥肌の方でも安心してお使いいただけますね。

 

オリファ発酵美養液の原料は「水」「セラビオ」の2つのみ!

オリファ発酵美養液は、

 

「水」

 

 

「セラビオ」

 

のたった2つで作られたシンプル処方。

セラビオ(CELABIO)というのは、細胞(CELL)+セラピー(THERAPY)+バイオ(BIO)から作られた言葉で、その名の通り、細胞を治療するバイオテクノロジーから生まれた最強の美容成分です。

平成16年には

 

「細胞賦活用皮膚外用剤原料の製造方法及び細胞賦活用皮膚外用剤」

 

つまりお肌の細胞をいきいきとさせる成分として特許を取得したセラビオ。

このセラビオの原料は、大豆、米ぬか、納豆菌とこれまたシンプル。

どれも日本人が昔から愛してきた食材です。

 

日本人が古来から利用してきた食材なので、日本人のお肌にもなじみやすいんですね。

オリファ発酵美養液を製造販売している株式会社東洋発酵は、独自の発酵技術を研究して食品や化粧品の原料にも使われる発酵原料を開発し続けている企業です。

セラビオは国産原料国内生産、製造を徹底しており、米ぬかと大豆を納豆菌で約1ヶ月もの間発酵させて作られた美容成分です。

 

そんな美容成分セラビオを40%もの高濃度で配合したオリファ発酵美養液は、無添加にこだわり、お肌にやさしい美容液として愛されています。

 

副作用の心配はいらない?ただしアレルギーには注意!

オリファ発酵美養液は、非常に安全性の高い美容液ですので副作用のおそれは非常に低いのですが、注意しなければならない点が1つあります。

それは、セラビオの原材料となる大豆、米ぬか、納豆菌に対してアレルギーをお持ちの方です。

これらの食品にアレルギーをお持ちの方は、使用前にしっかり全成分表示や注意書きを確認しましょう。

 

妊娠中に避けたいスキンケア成分とは?

妊娠前後や授乳中、産後に使用できるスキンケアを選ぶポイントは、以下の2点になります。

 

  • 敏感肌でも使えるやさしい低刺激処方
  • 赤ちゃんに悪影響のない成分を使用している

 

低刺激処方と記載されていても、赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分が含まれていることもありますので、どのような成分を避けたらよいかということをしっかり確認して、安心して使えるスキンケアを選びましょう!

 

パラベン

旧指定成分としても知られるパラベン。

旧指定成分というのは、2001年までは過去にアレルギーや肌荒れなどの原因となるおそれがあるため、表示が義務付けられていた成分です。

防腐剤として配合されることの多いパラベンは、同じように防腐効果を持つ石油系界面活性剤と違って皮膚のバリアを壊して皮膚の内部に侵入することがないため、多くのスキンケアに含まれています。

 

メチルパラベンなどは少量でも防腐効果が高く、安価で毒性も低いとされているのでよく目にしますよね。

妊娠する前は何の気なしに使っていても、妊娠中の母体から検出されることもあるパラベン。

パラベンが体内に蓄積するとどうなってしまうのでしょうか?

 

妊娠中は赤ちゃんの成長が抑制されたり、出産後は赤ちゃんに肥満の傾向が強く見られたりなど、赤ちゃんへの悪影響が疑問視されています。

他の防腐剤と比べて刺激が低いとは言え、他の成分と比べると刺激は強いものなので、ホルモンバランスの変化によりお肌が敏感になりやすい妊娠中・授乳中にはパラベンを含んだ化粧品は避けたほうが良いでしょう。

 

ハイドロキノン

ニキビやシミ、肌荒れに悩まされる妊娠中・授乳中に、美白成分のハイドロキノンを含んだ化粧品やサプリメントを選びたくなる方も多いのではないでしょうか?

ハイドロキノンは美白効果が非常に高く、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

 

効果が高い分取り扱いが非常に難しく、高濃度(3%以上)のハイドロキノンを配合している化粧品は部分的に白斑を引き起こす可能性があります。

日本ではハイドロキノンは5%までの濃度での配合が認められていますので、敏感肌用の美白化粧品だったとしてもハイドロキノンの濃度は確認するようにしましょう。

 

また、海外のスキンケアではさらに高濃度で配合されているケースがありますので、ご注意ください。

 

ビタミンA

目の健康キープや骨や歯の成長、風邪などの予防に効果があるビタミンA。

人間が生きていく上では欠かせないビタミンで、皮膚を正常な状態に保つ作用もあります。

化粧品中ではレチナール、トレチノイン、レチノール、と表記されているのがビタミンAです。

 

しかし、ビタミンAは脂溶性ビタミンに分類されるため、摂りすぎると過剰摂取になってしまいます。

ビタミンAは過剰摂取すると、胎児の催奇形性を誘発します。

また、敏感肌や乾燥肌の方がビタミンA高濃度配合の化粧品を使うと、乾燥がひどくなったり、唇がひび割れたりするため、使用を避けるか、使用量を減らすといった対応が必要となります。

 

フェノシキエタノール

パラベンに代わる防腐剤として配合されることが多くなったフェノキシエタノール。

確かにパラベンよりは危険性が低い成分なのですが、安全性を問われると少し疑問が残る部分があります。

殺菌力がとても強く、お肌を傷つけたり肌荒れを誘発したりするおそれがありますので、妊娠中・授乳中は避けましょう。

 

また、フェノキシエタノールが蒸発した気体を吸い込むと、のどに悪影響を及ぼすおそれがあります。

日本では、化粧品におけるフェノキシエタノールは全成分中の1%以内と定められています。

妊娠中・授乳中はフェノキシエタノールの含まれていないものか、含まれていたとしても少量のものを選ぶようにしましょう。

 

エッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイルというと、植物由来のオーガニック成分なので安全そうなイメージがありますよね。

しかし、天然成分といっても赤ちゃんに悪影響を及ぼすおそれがある成分がありますので、注意しなければなりません。

防腐効果が期待できるローズマリーカモミールペパーミントなどはさまざまな場面で嗅ぐ機会も多く、香り自体が好きな方も多いでしょう。

 

しかし、これらのハーブは流産を促したり、赤ちゃんの成長を阻害・催奇形性を誘発する可能性がありますので、十分に気を付けてください。

また、これらの天然成分が体質的に合わないこともありますし、アレルギー反応を起こすこともあります。

オーガニックの天然成分だからといって全てを信用せず、しっかり自分の目で成分を確認することが大切です。

 

サリチル酸

ピーリングなどにも使用されることで有名なサリチル酸。

防腐剤として使われることが多く、化粧品では表示指定成分ですが、医薬品にも使われている成分で、高い抗菌作用と殺菌作用を持っており、皮膚の上での雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

ニキビ用スキンケアに含まれていることが多いのですが、殺菌効果が非常に強力なため、妊娠中・授乳中の敏感なお肌には刺激が強いことがあります。

高濃度サリチル酸を含んでいる化粧品の場合は、赤ちゃんの催奇形性を誘発するおそれもあり、肌の炎症や乾燥が悪化することも十分に考えられますので、使用前に必ずチェックしましょう。

 

赤ちゃんへの影響のある化粧品とは?

薬剤師の方によると、化粧品による悪影響はないと言ってもよいそうです。

日本国内で販売されている化粧品に関しては、肌につけたものが直接的な原因となり赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。

ただし、お母さんの精神状態に赤ちゃんは大きく影響されます。

 

スキンケアや化粧をすることでお母さんの気持ちが上向きになったり、リラックスできたりすれば、赤ちゃんに良い影響が与えられますが、反対に肌トラブルで落ち込んだり、イライラしたりしてしまうと、赤ちゃんにも悪い影響が及ぼされます。

お母さんの精神状態と赤ちゃんは非常にリンクしていますので、できるだけ幸福感や満足度を得られるスキンケアを選ぶようにしましょう。

 

妊娠中・授乳中のスキンケアのポイント

ホルモンバランスが大きく変化し、肌のバリア機能が低下して肌トラブルが起きやすくなったり、日光に過敏になったり、今まで何の問題もなく使えていた化粧品が使えなくなったりするのが、妊娠前後と産後の女性の体でよく見られる変化です。

出産後は育児に家事、仕事などで忙しく、自分のケアになかなか時間がかけられなくなってしまいます。

 

しかし、その中でも低刺激のスキンケアを毎日続け、保湿紫外線対策をするだけでもだいぶ違ってきますよ。

また、おむつ替えや授乳などでたびたび手を洗うことで、手も荒れがちなママさんが多いため、できれば手の保湿にも気を配りましょう。

妊娠中はおなかが大きくなっていくとともに、かゆみが出てくることがあります。

 

わきの下や胸の下、股の部分など、皮膚が密着しやすい箇所では、摩擦により湿疹ができることもあります。

できるだけ刺激の少ない衣類を着用したり、清潔を保つために汗をかいたら着替えるなどの対処をしたりすることをオススメします。

掻いてしまうと、お肌のバリア機能が壊れてしまい、よりいっそうかゆみが増しますので、かゆみを感じた場合は産婦人科医か皮膚科で相談しましょう。

 

生活面では、栄養バランスのとれた食事を1日3食、質の良い睡眠を十分にとることが理想ではありますが、なかなか難しいものです。

夜眠れなくても、赤ちゃんと一緒にお昼寝をするなど、できるだけストレスをためない生活を送ることで、肌トラブルの発生をおさえられますし、すでに表れてしまった肌トラブルの改善にもつながります。

 

ベビー用化粧品と敏感肌用化粧品の違いとは?

理想は赤ちゃんのお肌のように、水分たっぷりですべすべで弾力のあるお肌。

そうはいっても、実際の赤ちゃんのお肌は皮膚がとても薄く、バリア機能も十分にまた働いてはいません。

だからこそ、赤ちゃんのお肌はトラブルを起こしやすいのです。

 

ベビー用化粧品は何よりも安全性が第一なので、大人の敏感肌の方でも使用できるように思えますが、赤ちゃんの乾燥しやすいお肌にために油分をたっぷり含んでいるものが多いため、使い続けているとニキビなどの肌荒れの原因となることがあります。

ベビー用化粧品はあくまでも赤ちゃんのために作られたもので、大人の肌質には合わない場合も多いため、自分に合った化粧品を探すことをオススメします。

 

まとめ

8大フリー処方で、余計な成分を一切含んでいない、安全性の高いオリファ発酵美養液。

1回使い切りタイプで防腐剤フリーを実現しているため、衛生面も安全性についてもご安心してお使いいただけます。

 

妊娠中・授乳中でも安心してお使いいただけますが、大豆や米ぬか、納豆菌に対するアレルギーをお持ちの方は使用を避けましょう。

妊娠中・授乳中はホルモンバランスの変化により、お肌も体調も非常に敏感な時期です。

万が一、不調を感じた場合は使用を中止し、改善が見られない場合や悪化する場合はかかりつけの医師に相談してください。

 

妊娠中・授乳中に避けたい成分を一切配合せず、こだわりぬいた水とセラビオというたった2つのシンプル処方でお肌に優しくケアできるオリファ発酵美養液。

妊娠中・授乳中の肌トラブルの解消にもぴったりですよ!

 

*オリファが実際にどんな効果があるのか飲んでレビューしてみた!

レビュー
オリファが効果がない?実際に購入して試してレビューしてみた!口コミ・体験談・評判が悪いってホント?

口コミでも大変話題になっているオリファ発酵美養液は、セラビオをなんと40%も配合しています! ここまでセラビオを配合して ...

続きを見る

-アンチエイジング, オリファ

Copyright© 【詐欺!】オリファが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.