アンチエイジングに関する様々な情報を網羅!食べ物やサプリ、運動、スキンケアなど若返る方法を伝授いたします!

アンチエイジング.com

アンチエイジング エッセンス・美容液 ラメラエッセンスC

ラメラエッセンスCは妊娠中・授乳中でも使える?添加物は大丈夫?

投稿日:

世界初の浸透技術を持ったラメラエッセンスC。

副作用の報告はないものの、妊娠中や授乳中でも使用できるのでしょうか?

この時期の身体はママだけのものではありません。

 

肌につけるものには気を遣いたいですよね。

今回は妊娠・授乳中にラメラエッセンスCが使えるのかどうか調べてまとめました!

ぜひ参考にしてくださいね。

 

ラメラエッセンスCは妊娠・授乳中に使用できる?

公式サイトを見てみると、ラメラエッセンスCの妊娠・授乳中の使用については記載がありませんでした。

これは、大丈夫ともそうでないともとれますね。

もし心配であるならお医者様に相談するのが良いでしょう。

病院で

 

「大丈夫です」

 

と言われれば、安心して使うことができますからね。

 

ラメラエッセンスCに配合される添加物は大丈夫?

ラメラエッセンスCは肌トラブルの原因になる添加物の使用を極限まで抑えています!

 

  • 合成界面活性剤
  • パラベン
  • フェノキシエタノール
  • エタノール
  • 鉱物油
  • 香料
  • 色素

 

これらの成分は一切使用していません。

ラメラエッセンスCが肌に良い成分を配合しているとはいえ、添加物等が多く含まれていたら、私たちも安心して買うことができません。

添加物を不使用にして良い成分だけを残すことで、口コミでも評価の高い美容液に仕上がっているのです。

 

妊娠中のスキンケアのポイント

妊娠を機に体質が変わる方も多いので、以前のスキンケアでは肌に合わないこともあります。

もし妊娠中に肌トラブルが起こるようでしたら、今一度ケア方法を考え直す必要がありますね。

 

スキンケア用品は肌への刺激が少ないものを

肌がデリケートになっているときは、無香料や無着色、アルコールフリーといった刺激の少ないものを選びましょう。

また、馬油など自然由来成分を使った商品を選ぶのも良いですね。

 

洗顔はやさしくていねいに!

妊娠中は、ホルモンの影響により皮脂の分泌が盛んになることをご存知ですか?

洗顔をするときは普段以上に優しく、丁寧に行いましょう。

皮脂や汚れをきれいに落とすことで肌トラブルを未然に防げますよ。

しかし、あまりゴシゴシ擦りすぎては逆効果

成分も低刺激のものを使い、優しく汚れを落としてくださいね。

 

乾燥を防ぐためには身体の内外から!

スキンケア用品で保湿をするのはもちろん、こまめな水分補給や、加湿器などを上手に使って肌の乾燥を防ぎましょう。

妊娠中の身体は水分不足になりがちなので、気を遣いすぎるくらいでも大丈夫!

 

ビタミンCを積極的に摂りましょう

ビタミンCは肌荒れ予防の他、肌のコラーゲンを作るサポートしてくれるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

オレンジやグレープフルーツといった柑橘類をはじめ、小松菜、ブロッコリー、パプリカにも豊富に含まれていますよ。

サプリメントに頼るのも良いでしょう。

 

日焼け止めで紫外線予防を

妊娠中は黄体ホルモンであるプロゲステロンが活発になり、シミが出来やすい肌になっています。

紫外線吸収剤は肌へのストレスが大きくオススメできません

紫外線散乱剤の中でも刺激の少ない日焼け止めを選び、紫外線対策をしっかり行いましょう。

後のスキンケアに欠かせない2つの重要ポイント

妊娠・出産を経て、産後のスキンケアはどうしたらいいのか見ていきましょう。

産後のスキンケアに欠かせないポイントを以下にご紹介します。

 

  • 食事をきちんと摂ること
  • 良質な睡眠を心がけること

 

産後で忙しい時期ではありますが、上記2つを心がけるだけで肌トラブルがぐんと減りますよ!

 

食事をきちんと摂ること

授乳中に必要な栄養所要量は2,500キロカロリー(厚生労働省保健医療局、健康増進栄養課より)とされています。

これは女性アスリートの必要量とほぼ一緒なんですよ!

また、食事内容もなるべく水分の多い料理を心がけることが重要です。

育児に忙しいママは手軽に食べられるものばかり摂取し、水分のことを考えない人が多いのだとか。

助産師として20年以上経歴をもつ浅井貴子さんは、育児相談や新生児訪問をする中で、ママの食事に関してこう述べています。

「朝は何を食べましたか?」というと「菓子パン一つ」「ご飯と納豆」とか言われます。

引用:AMOMA「助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方」

浅井さんはそんなママのためにアイディアレシピを考案されていますよ。

朝はご飯だけでなく冷凍焼きおにぎりにお茶漬け、昼は鍋の残りに冷凍うどん、お肉を追加。

献立のポイントは

 

  • 食事と同時に水分補給ができる
  • 手間をかけずに簡単に作れる

 

ということです。

夜中の授乳やおむつ交換など、休む暇のないママは自分の食事を作るのが厳しいですよね。

簡単にできて、水分補給ができる一石二鳥のレシピを用意して、無理なくきちんとした食事をするようにしましょう。

 

良質な睡眠を心がけること

睡眠不足は肌荒れの大敵です!

ですが、産後のママは思うように睡眠が取れないのも事実。

お肌のゴールデンタイムと言われる22:00~2:00に寝てくださいといわれても、赤ちゃんが泣き出してしまったら起きざるを得ませんよね。

そんなママに取って置きの情報を教えます!

これは入浴剤で有名なバスクリンの情報サイトにある記載ですが、

 

寝入った最初の3時間

 

がもっとも良質な睡眠がとれているそうです。

身体の成長や、疲労回復に欠かせない成長ホルモンは、入眠後最初にくる深い睡眠時に最も多く分泌されます。

つまり、眠ってからの3時間に深い睡眠に入ることが良質な睡眠にとって大切ということです。

引用:バスクリン「入浴で快適な体メンテナンスを! ~まとめ編~」

無論、赤ちゃんの授乳時間になってしまえばそれすらも難しいこともあるでしょう。

パパに協力してもらい、赤ちゃんの世話をお願いしたり、家事を頼んだりして、少しでも多く睡眠時間を確保しましょうね。

睡眠はストレス解消の効果もありますから、肌にとって悪いことはなにもありません。

 

知っていますか?ベビー用と敏感肌用の化粧品の違い

ベビー用化粧品は一見どれも安全そうに思えますが、敏感肌用のものとは違う商品もあるので気をつけたいですね。

赤ちゃんの肌はすべすべで潤いもたっぷり。

私たちからみればとても理想的な肌に見えますが、皮膚が薄く、バリア機能が十分ではありませんから、乾燥による肌トラブルを起こしやすいのです。

そんな乾燥しやすい赤ちゃんのために、油分を多く含んでいる商品が売られています。

敏感肌の人が知らずに使ってしまうと、にきびや発疹などトラブルの原因にもなりかねませんね。

 

私たち大人と赤ちゃんの肌は違うものだと考えるのが賢明。

ベビー用品はあくまで赤ちゃん用に作られているので、大人の肌に合わないこともあるのですよ。

 

まとめ

ラメラエッセンスCは添加物を徹底的に排除してあるので、基本的には妊娠中・授乳中でも使える美容液です。

もし敏感肌の方で不安があるならば、事前にお医者様に相談しましょうね。

また、妊娠・授乳中はスキンケア用品だけでなく食事や睡眠に気を遣うことも大切です。

 

特に水分やビタミンCは欠かさず摂りましょう。

これを機に、肌の健康を考えた生活スタイルを見直すのも良いかもしれません。

身体も肌も、ストレスなく卒乳できると良いですね!

 



ラメラエッセンスCを早速試してみる!

★最安値公式サイトはコチラ!★
リポコラージュ

-アンチエイジング, エッセンス・美容液, ラメラエッセンスC

Copyright© アンチエイジング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.